全国木材検査・研究協会








「農林物資の規格化等に関する法律」(JAS法)(昭和25年法律第175号)

(1)JAS制度の目的
JAS制度の目的は、
規格を制定・普及させることによって、
①品質の改善、②生産の合理化、③取引の単純公正化、
④使用又は消費の合理化を図るとともに、
品質に関する適正な表示を行わせることによって、
一般消費者の選択に資し、
これにより、農林物資の生産及び流通の円滑化、消費者の需要に即した農業生産等の振興並びに消費者の利益の保護に寄与することにあります(JAS法第1条)。
(2)規格の制定
JAS規格(日本農林規格)は、農林水産大臣が農林物資の種類 (品目)を指定して制定します(JAS法第7条)。既存のJAS規格については、5年毎に見直しを行うことになっています(JAS法第10条)。
(3)JAS規格の制度
JAS規格の制度は、農林物資の製造業者等があらかじめ登録認定機関の認定を受けて、製品についてJAS規格による格付を行い、製品にJASマークを表示(格付の表示)して販売する制度です(JAS法第14条)。
(4)認定事業者
農林物資を格付できる製材等に係る認定事業者は、国に登録した登録認定機関の認定を受けた製材等の製造、加工、輸入又は販売をする者(製造業者等)です(JAS法第14条)。
(5)農林物資の種類
JAS規格を制定する農林物資の種類は、飲食料品、油脂、農産物、林産物、畜産物及び水産物又はこれらを原材料とした酒類、医薬品、化粧品等を除く製造品や加工品です。
(6)認定の基準
登録認定機関は、製造業者等からの申請を受けて、農林物資の種類、工場等ごとに認定の技術的基準に基づいて認定を行います。認定の技術的基準については、「3.JAS認定の取得」を参照してください。
(7)林産物の登録認定機関
日本に所在する林産物の登録認定機関は、次の表の通りです。なお、繊維板(ファイバーボード)及び切削版(パーティクルボード)の規格は、日本工業規格(JIS規格)で定めています。