全国木材検査・研究協会
『枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の
日本農林規格並びに改正の要点及び解説 』
サイズ:145mm×210mm(A5版)261頁
販売価格:3,630円(税込、送料別)
発行:平成27年10月
注文フォームはこちらから

本書は、平成27年3月9日に改正された「枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の日本農林規格」の内、枠組壁工法構造用製材に関する規格の内容と改正の要点をわかりやすく解説しています。
本書は、全木検が出版していた『枠組壁工法構造用製材の日本農林規格並びに解説』を改訂したもので、改訂にあたっては、ご好評頂いていた規格の解説をさらに充実したほか、
紙面をA6版からA5版に広げ、文字も大きくし、読みやすくしました。 実務解説書として、是非とも日常的にご活用ください。

※「枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の日本農林規格」(平成27年3月9日農林水産省告示第512号)は、
枠組壁工法構造用製材の日本農林規格(昭和49年7月8日農林省告示第600号)と枠組壁工法構造用縦継ぎ材の日本農林規格を統合した規格として改正されました。

「枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の日本農林規格並びに改正の要点及び解説」の
目次

Ⅰ 枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の日本農林規格
Ⅱ 枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の日本農林規格の改正の要点
Ⅲ 枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の日本農林規格解説
1. 適用の範囲(第1条)
2. 定義(第2条)
3. 寸法型式及び規定寸法(第3条)
4. 甲種枠組材、乙種枠組材及びMSR枠組材の規格の基準
5. 甲種枠組材の規格(第4条)
6. 乙種枠組材の規格(第5条)
7. 204D、206D、208D、210Dの主な品質(欠点)の基準(第4条~第5条関係)
8. MSR枠組材の規格(第6条)
9. 表示の基準(第4条、第5条、第6条関係)
10. 測定方法(第11条)
11. 保存処理
12. 乾燥処理
13. 強度等級区分
Ⅳ 認定等関係資料
1. 枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材についての
製造業者等の認定の技術的基準
2. 枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材についての検査方法
3. 組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材の格付けの表示の様式及び表示の方法
4. 認定事業者別有資格者の人数
Ⅴ 付属資料
1. 木材の基準強度Fc、Ft、Fb及びFsを定める件(抜粋)
2. 公共建築木造工事標準仕様書(平成25年度版)(抜粋)
3. 特殊な許容応力度及び特殊な材料強度を定める件(抜粋)
4. 枠組壁工法又は木質プレハブ工法を用いた建築物又は建築物の構造部分の構造方法に関する
安全上必要な技術的基準を定める件
「繊維走向測定器(折りたたみ式)」
サイズ:(折りたたみ時)80㎜×18㎜
販売価格:2,750円 (税込、送料別)
注文フォームはこちらから

繊維走行測定器は、材の長さ方向1mの長さにおける繊維走向の傾斜の高さの最大値(次の図のM)を測定するのに用います。
困難をともなうことが多い板目面における繊維傾斜の判定も、この繊維走向測定器の使用により、容易に測定できます。